ガッツポーズの医師と看護師

一つだけではない

症状は様々で注意が必要

うつ病は、近年ストレス社会などの影響で増加の傾向にあります。 症状として、憂鬱になる、何の望みもない、落ち込む、悲しくなるなどの気分が沈んでしまう症状、興味が湧かない、楽しめていない、人との会話が好きなはずなのに話すのがうっとしく思う、つまらなくなったなどの喜びを感じない症状、食欲にも関係してきて減少したり反対に増加したりします。睡眠障害も出てきて眠れない、何度も夜中に目が覚める、疲れる、やる気が起きない、動作や行動が遅くなったりイライラや落ち着きがなくなったり、最悪の場合、自分には価値がないのではないだろうか、この世から消えてしまいたいなどの自殺願望などが起こります。 周囲の家族や友人なども元気に見えて気がつかない事もありますので少しでも今までと違う言動が見られたら注意が必要です。

うつ病は治療で改善します。

近年うつ病患者の増加により専門外来の医療機関やカウンセリングなどの治療が増えてきました。 ご自身がうつ病かと思われたり、家族や友人などが気づかれたりされたら、先ずは、検査やチェックなどされる事をお勧めします。 うつ病にも沢山の診断結果がありますので新型うつが出てきていますし、少しでも症状が見られたら専門家の判断をされた方が良いです。 うつ病は、治療されると完治する病気ですので、専門家の的確な治療を受けましょう。 家族や友人や職場の方々の協力も必要となりますので、告知されるのも早く完治する方法かもしれません。 一人で悩み苦しみ考え込まないで早い相談が早い治療となり、元気に明るく楽しい生活を送る早道となります。